相続保証をして、負担付遺贈も決まった、でも、本当にその方がしっかり約束を守ってくれるのか?そのために、「遺言執行者」という制度があります。
家族同様のペットが、飼い主が亡くなっても通常の生活を送ることができるように、負担付遺贈というものがあります。
ペットの世話をしてもらう代わりに、自分の財産の一部を贈ります、というものですね。

この遺贈を承諾した受遺者は、
その決められた条件を、しっかり行う義務があります。
でも、その方がどれだけ信頼できる方でも、

飼い主が亡くなってしまえば、その義務をしっかり果たしてくれているかどうか、確認することができません。
その方を疑うわけではありませんが、ペットのその後のことを思うと、心配でならない、という方がいるのも、当然だと思います。
負担付遺贈を記した遺言書にはペットの世話に関しての様々なことがうたってあると思います。
それを本当に行ってくれているか、

自分の代わりにその条件を満たす行動をとってくれているかどうか、
という確認を行ってもらう方がいればいいのです。
そう、それが、遺言執行者という方になります。
遺言執行者とは、遺言の内容を遺言者の真意にそって適切に公正に執行する権利と義務を有する方のことを言います。
この遺言執行者を、遺言書の中できちんと指定しておくことが必要です。

相続保証の公正証書の中に、遺言執行者の制度を利用して、
遺言執行者を指定しておく必要があります。
この遺言執行者を指定しておけば、受遺者がペットの世話をしないというときに履行請求する権限を持ちます。
食事を与える回数や、その銘柄、お散歩の回数、といった条件が、つけられていると思います。
この条件をしっかり満たした上で、約束が守られた、ということになります。
ですが、中には負担付遺贈を受けて、それを受遺しておきながら、世話を行わない、という人もいるのです。
そんな時、

遺言執行人が、相当期間を決め、履行請求をするということが出来れば、条件をしっかり守るようにもなるでしょう。
人に相続する、ということであれば、「話が出来る」「意思表示ができる」ということですから、散歩の回数が前よりも減った!とか、えさの銘柄が違う!とか、トリミングに連れて行ってもらえない!という意見を言うことも出来ます。
ですが、こういうことが出来ないペットですから、
しっかりとした信頼できる人に、遺言執行者となっていただく必要が出てくるのです。愛するペットのために、念には念を入れておきましょう。