ペットに財産を相続させたい、愛するペットがきちんと生活するために、相続を保証したい・・そんな保証の具体的な内容を知っておきましょう。
愛する家族の一員であるペットに対して、自分の命が尽きる前に、行く末の保証をしてあげたい、こう考える方も多くいらっしゃいます。
また兄弟や身内よりも、ペットに遺産を相続させたい、というお考えの方もいらっしゃいますね。
ですが、愛する家族の一員、と思っているペットであっても、あくまでも動物。民法上では、「物」という扱いになってしまいます。

民法上で「物」として扱われているペットに対して、
どれだけ望んでも、相続を受ける権利や、
遺贈を受ける権利はありません。
飼い主にとっては、自分の意思表示の出来ない、飼い主に依存しているペットのことを思うと、その後の生活を考え、いてもたってもいられない、という心境になってしまいますよね。
では、

残されたペットについて、何もしてあげることが出来ないのか?
というと、そうではありません。方法はあります。負担付遺贈というものです。
これは、飼い主の身の回りに、ペットのことをよく知りかわいがって世話をしてくれるのではないか?という方に、そのペットの面倒を見てもらう、ということで、財産の一部を贈ることができます。
この内容を遺言書に遺しておくことで、

「ペットの世話という負担をかけるけれど、財産を遺贈します」という負担付遺贈ができる
ということです。
ただ、この方が本当に自分の愛するペットを、しっかりとお世話してくれるか?ということはわからないですよね。
そこで、もう一つ、行うべき事があります。それは、

負担付遺贈を受けた方が、遺言者の死亡後、
ペットのお世話を遺言どおりに行っているかどうか
ということを見届ける方、それを決めておく必要があるのです。

遺言書に負担付遺贈の内容を入れる時に、
「遺言執行者」を指名しておくことが肝心です。
こうして遺言執行者を決定しておくことで、もし、その負担付遺贈を受けた方が、遺言書どおりに履行をしなかった場合、相当期間を決め、履行請求をすることが出来るのです。
この負担付遺贈の中に、ペットの身の回りの世話、餌のこと、散歩のこと、また予防接種やその他の費用なども、しっかり明記しておきましょう。
そして信頼できる「遺言執行者」を指定しておくことで、ペットの相続保証が、きちんとなされることと同じになるのではないでしょうか。
口が利ければ、こうしてほしい、という意見も聞くことが出来ますが、ペットは口を利けません。こうした、保証が確定できるのであれば、安心ということにつながりますね。