ペットに遺産を遺したい、こういう考えの方は多くいらっしゃいます。
遺産を遺すこと、つまり相続保証をペットに与える、ということについての方法を知っておくことが大切です。
大切なペット。
家族同様、いえ、家族よりもずっと大切、という方もいらっしゃいます。
ペットは、飼い主に忠実。見返りなく、愛情を注いでくれる大切なパートナーです。でももし、

このペットよりも先に、自分の命がなくなるとしたら・・・
そう考えただけでも、その先のペットの生活が、
心配でならない、という気持ちになります。
特に、ペットと自分、という生活を送ってきた方であれば、その気持ちも強いものとなるでしょう。
自分が先にいなくなるのなら、ペットに遺産を遺したい、つまり相続をさせたい、という気持ちをもつ方も出てきます。
でも、意思表示が出来ないペットです。
相続保証をすることが可能であるのか?不安は募るばかりです。
では、この大切なパートナーに、

自分の遺産の相続保証をするためには、
どのようなことをすればいいのか、それを知っておきましょう。
ペットの扱い、残念ながら民法上では、「物」。
ですから当然の事ながら、遺産を相続させる、相続保証を与える、という行為は出来ません。
でも、方法はあります。

遺言書で「あること」を指定すればいいのです。
その「あること」とは、「負担付遺贈」という方法です。
遺言で財産を与えることを「遺贈」と言います。遺贈は遺産の全部でも特定の財産を指定してもよい。また、条件付きの遺贈や負担付遺贈というものがあります。

負担付遺贈とは受遺者に一定の義務を課し、
その負担を行ってくれるのであれば、
財産の遺贈をするというものです。
受遺者がそれを承諾した場合、その義務を遺贈の財産の範囲の中で、行う義務が発生するのです。
よくある負担付遺贈は、「親の面倒を見ること」を条件として、遺産をその方に多めに遺す、というようなことがあります。
これをペットに当てはめ、「ペットの世話をする」を条件として、一部遺産を与える、ということになります。
こうすれば、

ペットに相続保証をすることが出来る、というわけです。
ペットに相続保証を行うためには、第三者、もしくは身内などの協力者が必要になります。
こうした相続保証を、法律にのっとって、しっかりと行っておけば、ペットの将来に不安を残すことに、ならないのです。