ペットはあなたの暮らしに癒しを与える家族の一員。とても大切なパートナーです。だからこそ、ペットにも家族と同様の障害を送って欲しいのでは?しかしながら、もしあなたが先立つことになってしまったら…
自分がペットよりも先に、命の終期を迎えてしまう。
ひょっとしたらそういったことが起こらないとも限りませんね。

残されたペットはどうなるのでしょうか?
正直に言います。
あなたが先立った後、ペットの世話をする人が見つからなければ、

保健所で処理されてしまうことになります。
ペットは生まれながらにしてペットとして人と一緒に過ごすことが運命なのです。人の世話なくして生きていくことはできません。
しかも、いかにあなたが家族同様に可愛がり、自分の亡き後、遺産を残してあげたくても、

ペットには、遺産を相続する権利がありません。
仮にペットが遺産を相続したとしても、ペットはその遺産をどのように活用するのでしょうか?
あなたが先立った後、ペットが幸せに暮らし、天寿を全うして欲しいと願うのであれば、

第三者に対しペットの世話を条件に
遺産の一部を分与する旨の遺言書を作成しましょう。
もちろん、遺言書を作成しただけでは駄目です。
その遺言に書かれた内容を、あなたの亡き後に、しっかりと実行しなければ何の意味もありません。

「どのように遺言を書いたらいいかわからない」
「遺言にかかれたことをしっかり実行してもらうには
どうしたらよいか」
そのようなことでお悩みであれば、

ペット遺言相談所にお問い合わせください。
遺言の内容を実現するためには、実に多くの手続きを行う必要があります。
法的な専門知識が要求されるケースも少なくありません。
ましてや、ペットの将来についてのことです。
人によってはおろそかにする方もいるかもしれません。
遺言内容をスムーズに実現するためにも、遺言書を作成する際には、相続に利害関係のない専門家をあらかじめ遺言執行者として選任する事が重要です。
ペット遺言相談所では、遺言の作成の支援から、遺言執行人としての業務を行い、あなたのペットをお守りします。